プリミティヴォの道

El Camino Primitivo

サンティアゴへ続く数多くの巡礼路、そのひとつ中世から巡礼者が辿ったプリミティーヴォの道を歩きました。

オヴィエードからサンティアゴまでは約310km。巡礼事務所が発行する証明書では約340km、一般的には13日の行程です。矢印も宿泊施設も整っています。

10. 9. 2014  Oviedo

午後5時サンタンデールSantander空港に到着。飛行機は出発直前にタイヤの取り替えという稀な理由から1時間遅れ。空港前から市内のバスターミナルまではバスで15分、そしてプリミティーヴォの道の始まるオヴィエード行きのアルサALSAのバスに乗ります。バスは2時間ごとにあり、所要時間は2時間半から3時間くらい。

IMG_2878

写真は北の道のオヴィエードへの矢印。この2ヶ月前、2014年6月には、北の道をまっすぐヒホンGijionに向かいました。

午後8時過ぎにオヴィエードに着き、翌日は観光。郊外のサンタ・マリア・デル・ナランコ教会とサン・ミゲール教会を見学。この2つの世界遺産の教会内部はガイド付きで見学できます。市内からはA1、A2のバスで行けますが、本数が少ないのでタクシーか歩きが便利。

image
サンタマリア・デル・ナランコ教会

IMG_3925
内部、眼下にオヴィエードの街が見えます

IMG_3898
すぐ近くにあるサン・ミゲール教会

IMG_3946
オヴィエードのカテドラル

IMG_3936

カマラ・サンタ。カテドラル内にある聖具を納めた部屋です。巡礼者がほぼ必ず訪れる場所です。カテドラルはクレデンシャルで入場料が割引、カマラ・サンタではスタンプももらえます。

IMG_3947

そして明日からのプリミティボの道巡礼のために、駅前の安宿からオヴィエードのアルベルゲに宿替えしました。オヴィエードから歩き始めるのは私くらいで他の巡礼者は北の道やサルバドルの道(レオン〜オヴィエード)から来た巡礼者達、ここから始める人達はみんなペンション泊まりなのかな。

公営アルベルゲ Albergue peregrinos El Salvador de Oviedo, Calle Adolfo Posada 3, Oviedo

12. 9. 2014  Oviedo-Escamplero  11km

プリミティボの道の第1日目。アルベルゲから中心街を抜け、駅から左上に巡礼路は続きます。しばらくまだ市街を歩き線路に掛かる鉄橋を渡り郊外の住宅地や公園を過ぎると巡礼路は美しい自然の中に入っていきます。 IMG_3949
オヴィエードの中心街の朝

IMG_3951
ゴミ箱とモホンとベンチ

IMG_3952
鉄道を渡ります

IMG_3953
プリミティーヴォの巡礼路らしい幻想的な風景

IMG_3955
サン・ラザロの村と壊れたオレオ

IMG_3961

IMG_3967
教会の泉と巡礼者達

IMG_3968
エスカンプレロのレストランのテラス

巡礼1日目に歩いた距離は11km。他の巡礼者は先のグラードGrado、公営アルベルゲのあるサン・ファン・デ・ヴィジャパナーダSan Juan de villapanadaまで行きますが、私はここ止まり。アルベルゲは手前300mほどにあるレストラン・バルで料金を払い、スタンプをもらいます。レストランにはメニューもあり美しいテラスがあります。スペインではよくレストランの中と外でメニューの料金が違います。ここもテラスの方が高かったので中で食べて外でコーヒーを飲みました。ここで出会ったポーランド人のヴォイテック、ひとりメニューを食べていたので、Are you a peregrino? と声をかけて少しお話をしました。彼は巡礼は初めてで持っていた本はコエーリョのペレグリム。今日はこの先のグラードまで行くとのこと。大丈夫かなあ。

Albergue municipale de Escamprlero, 上り坂の途中、村に入り巡礼路を左に逸れすぐ左側のレストラン(入り口は坂を下りる)でチェックイン。そのまま300mほど先を左折しすぐ。村には食料品店が一軒のみ。

13. 9. 2014   Escamplero – Cornellana  24km

今回の巡礼はマイペース。しかし考えが先を急いでしまうせっかちな性格。今日はコルネリャーナまで歩きました。土地の名のスペイン語の発音はコルネジャーナかな? IMG_3969
エスカンロの羊達

IMG_3982
道は整備されています

IMG_3993

IMG_3996
少し晴れ間が見えてきました

IMG_4004
遠くにサン・サルヴァドル修道院

IMG_4007
アルベルゲの門

IMG_4005
サン・サルヴァドル修道院の中庭のアルベルゲ

この巡礼路も北の道同様、町や村の間隔が長くバルなどもフランス人の道ほどありません。村から村、バルからバルへの間隔は、北の道、プリミティーヴォは約15km、プラタは約30Kmくらいかなぁ。この日もエスカンプレロから歩き始め暖かいカフェ・コン・レチェにありつけたのは12km先のグラードでした。北の道を歩いた時のパオロのもとでの特訓で、10km、15km、休みなしのクセがついてしまったようです。熱過ぎるコーヒーに閉口し、バルの隣の中国人のなんでもショップで念願のスティックを2本で10ユーロで購入、しかし左右同じ色がなく赤と青。

巡礼路はコルネリャーナの手前で川沿いに左折し、道に沿って進むとサン・サルヴァドル修道院の前に出ます。アルベルゲの入り口は修道院の右脇から裏にまわり、その中庭にあります。部屋も広く設備も良いアルベルゲでした。オスピタレロがいる時間外に着いたときは、各自ベットをキープしてオスピタレロを待ちます。

ここでまたヴォイテックに遭遇。足を痛め今日はここ止まりとのこと。夜は巡礼仲間、人気者のヴォイテック、陽気なドイツ人の若者ミハエル、寡黙なチェコのヤコブ、フランス人の道を歩き、プリミティーボを逆に辿り、オヴィエードからサルヴァドルの道、レオン〜アストルガ、そしてヴィア・デ・ラ・プラタを逆に行き、途中からモザルベの道を戻りグラナダを終着予定にしているベルギーの若者とコロンビアの女性とでパスタを作りいただきました。 途中のグラードは大きな町です。ペンションはありますが、公営アルベルゲは町の先4kmほど、巡礼路から逸れたサン・ファン・デ・ヴィラパニャーダにあります。

Albergue municipal de San Juan de Villapanada. Albergue peregrinos de Cornellana. 町にはスーパもあります。

14. 9. 2014   Cornellana – Tieno  30km

30km挑戦です。朝早く暗いうちにフランス人のおじさんについてアルベルゲを出発します。もちろん健脚のフランス人にはついていけないので暗いうちだけ同行し、後は先に行っていただきます。暗いうちに道に迷うとパニックになるので、早朝は必ず誰かについて出発しました。巡礼路はずいぶん山の中を歩いた気がします。11kmほど先のサーラスには10時頃着きました。休憩したバルでオレンジを1ついただきました、お遍路さんになった気分、ありがたいです。ここからは上り道、そして嫌いな雷が追いかけて来ます。なんとか最初の雷を振り切り、お天気も回復したと安心していたところに、また小雨と雷鳴。偶然あった途中の苔むし糞むした牛の水飲み場で雨宿り、雷が遠ざかるまで待ちました。その後は晴れあがり美しい青空。ティエノまで最後の8kmほどは緑が美しく快適な巡礼路を気持よく歩きました。しかしティエノの1km先でまた雷様と雨が、町のすぐ手前の公園のバルの軒先でまた雨宿りしますが、雨と強風で軒先ではしのげません、すでに閉店していたバルにご好意で入れていただき嵐が過ぎ去るのを待ちました。

公営アルベルゲは見晴らしの良い場所にあります。ボイラーが故障中でお湯がないと着いた時に言われましたが私は気にせずここに泊まりました。

IMG_4012

IMG_4017
サーラスの城壁

IMG_4023
夏の名残の巡礼路

IMG_4028
また雷雨が来そう

IMG_4030
ガイドブック必ずある教会、色褪せたアジサイ

IMG_4040
泉とサンティアゴ

IMG_4043

IMG_4048
ティエノの嵐

IMG_4049
巡礼モニュメント

IMG_4050
ティエノの公営アルベルゲ

IMG_4052
町中のオレオ

ティエノまでの幾つかの町、サーラス、ボデナヤ、ラ・エスピナにはアルベルゲがあります。

15. 9. 2014   Tieno – Campiello  12km

ティエノ〜カンピエージョ 昨日のレストランのテレビはサンティアゴのカテドラル前の広場からブエルタ・ア・エスパーニャの表彰式を生中継していました。広場には表彰台がもうけられカテドラルから赤い絨毯が敷かれ広場はすごい人だかり、優勝したコンタドールにはペレグリーニのマントと帽子が与えられ迷惑そうでした。さすがガリシア州観光誘致には力が入っています。でも今サンティアゴにいなくて良かったと思いました。この朝ティエノで行きの飛行機とバス、帰りの飛行機の便までが偶然一緒だったイヴァンとペレグリー仲間のホセに合流。

IMG_4056
朝アルベルゲから

IMG_4058
イヴァンと泉

IMG_4059
雲の上の風景

IMG_4066
カンピエージョ

明日のホスピターレス越えにそなえ今日はカンピエージョで泊まりました。この先3kmのボーレスのアルベルゲまで行くことも可能でしたが、ボーレスには店もなくバルが一軒しかありません。カンピエージョは小さな集落ですが、スーパ、レストラン、アルベルゲもあり便利です、アルベルゲには多くのペレグリーニが泊まっていました。

16. 9. 2014   Campiello – Berducedo   28km

カンピエージョ〜ベルドゥセェド ボーレスBorresから、道は2つの選択があります。標1200mまで上がりプリミティーヴォの道で最も美しいホスピターレスの道 Ruta de los Hospitales、もしくはポーラ・デ・アジャンデ Pola de Allandeを経由する道です。ボーレスから次にアルベルゲがあるベルドゥセェードまでホスピタレスの道は約25km、ポーラ経由では約31kmです。つまりホスピタレスのの方が近道なのです。がしかし、ボーレスから約20kmの山越えの区間には店もバルもありません。

このホスピタレスの道ではモホンがない区間には20mごとに木の杭、道の石に矢印が描かれています、良いお天気なら快適なハイキングコースですが、雨や視界の悪い濃霧の中では道を見失う恐れがあり危険です。ホスピタレスの道を行く時は、前日にカンピエージョかボーレスに泊まり、天気を見定め、時間の余裕と水や食料を持って出発しなければいけません。できれば他のペレグリーニと同行することをおすすめします。 IMG_4069
早朝に出発

IMG_4074
ボーレス

IMG_4078
分かれ道

IMG_4114
IMG_4090
牛さん横を失礼します

IMG_4093
ホスピターレスの道
IMG_4104
IMG_4107
IMG_4109
ホスピタルの跡IMG_4117
IMG_4126IMG_4127
カメラの前を横切る虫

IMG_4131

IMG_4137
ペレグリーニとニワトリのランチタイム
IMG_4141
ベルドゥセェド

高原と眼下に広がる風景、ホスピターレスの道は数あるカミーノの行程の中で最も美しい道のひとつです。おかげさまで無事歩き通しました。ベルドゥセェードには公営アルベルゲ、プライベート・アルベルゲ1軒、ペンション、4km先のラ・メーサには公営アルベルゲがあります。

17. 9. 2014   Berducedo – Grabdas de Salime  20km 

IMG_4155
そして朝焼け

IMG_4157
今日もブエン・カミーノ

IMG_4161
ラ・メーサ

IMG_4163
草原の牛

IMG_4164
舗装道路からも美しい風景

IMG_4169
ブエナス・ディアス! セニョーラ・ヴァッカ

IMG_4173
ダムの遠景

IMG_4175
廃墟

IMG_4180
IMG_4182
ダムの展望台

IMG_4183

IMG_4188
IMG_4193
ダムを渡った所にあるバル・レストラン、ここまで約15kmバルも店もナシ

IMG_4191
バルのテラス

IMG_4197
プリミティーヴォらしい巡礼路

IMG_4198
グランダス・デ・サリーメ、アルベルゲ、ペンション、レストラン、スーパー有り

IMG_4206
アルベルゲの窓から、電線の向こうにかかる虹

ハードだったにせよ早く着いたので、アルベルゲにチックインし、外のバルで後から来る仲間のイヴァンとホセを待ちました。彼らはアルベルゲではなくペンション泊まり。夕食はスペイン風パスタ、市販のケチャップ味のトマトソースと和えたものを作りリッカルド、ヴィル、ミケーレにごちそうしました、私はホントはこの何倍も美味しいパスタで作れるのでがこんなもので申し訳なかったです。おいしいと言ってくださって感謝してます。

19. 9. 2014   Grandas de salime – Fonsagrada   23km 

今日の行程でアストゥーリア州からガリシア州に入ります。

IMG_4208
グランダスの朝

IMG_4214
朝焼け

IMG_4225
カストロ

IMG_4226
アストゥーリアのモホン

IMG_4234
花に彩られた矢印

IMG_4237
柵の向こうも巡礼路

IMG_4240

さよならアストゥーリア

山を下ると道路脇ににポツンと1軒建つ建物があります、ここはもうガリシア州。建物の中には山小屋のような風情の小さなバルがあります。小雨が降り始め、強風、寒くなって来たので暖かいカフェ・コン・レチェで休憩。おなかもすいたのでエンパナーダを食べました。バルには巡礼の歴史を感じさせる古いクレデンシャルや訪れた多くの巡礼者の写真が飾ってあり、朝からワイン飲んでる巡礼者もいます。プリミティーヴォの道、ガリシア州最初の O Acebo のスタンプももらえます。どうやらこの先、雨に降られそうです。フォンサグラーダは丘の上にあり、雨の中、坂道を上って行きました。町の下で矢印は2つに分かれていますが、迷わずまっすぐ右の舗装道路を進みます。分岐の矢印の左の道は少し離れた場所にある公営アルベルゲに行く道です。町の中心にはプライベートのアルベルゲがあります。先にボス、パオロから指定のあったペンションはすぐみつかり、今晩はシングル・ルーム。濡れたレインコートを乾かし、ホセ、イヴァンと3人でペレグリーニ恒例の割り勘洗濯。ひとり2ユーロ。汚れ物をまとめて出すだけ、洗濯、乾燥して数時間後には戻って来ます。レストランもペンションにあり便利。雨で寒いので外には出ません。夕食はイヴァンとふたりのサンマリーノ人で食べました。このサン・マリーノ人達はピエロ・デッラ・フランチェスカの絵に出てきそうな古風な顔立ち、そしてイタリア人が集まると話題はサッカー。

IMG_4244
オ・アセボのバル

IMG_4247
小さな教会

20. 9. 2014   Fonsagrada – O Cadavo    22,5km

朝早く町を抜けます。雨は止みました。今日の行程はプリミティーヴォ最後の上り下りが続く山道です。

IMG_4249
朝 フォンサグラーダ
IMG_4256
IMG_4261
朝の草原

IMG_4270
草原の教会

IMG_4276

この日の行程で唯一のバル 今日の行程もハードでした。今頃になって少し痛み出した右ヒザをいたわりつつゆっくり坂道を下って行きます。少し先を行くリッカルドは、両手を広げ飛行機のように陽気に坂道を駆け下りて行くではありませんか。上がり下りが続くともちろんその分距離も長くなります。なんとかカダーヴォのアルベルゲに辿り着き、今日はここ泊まり。もう先に行く気力はありません。明日はルーゴまで30km、山ひとつ越せば後は平坦な道です。なんとかなると思っていました。カダーヴォでの夕食はペレグリーニ仲間でテーブルを囲みました。

IMG_4279
巡礼路沿いの建物

IMG_4280
IMG_4283
写真を横切る黒い鳥

IMG_4287
カダーヴォの晩餐

21. 9. 2014   O Cadavo – Lugo  31km

プリミティーヴォの道をさほど問題なく今日まで歩きました。今朝もいつもと同じ清々し気分で歩き出します。

IMG_4292
朝の道

IMG_4294
IMG_4298

IMG_4309
サンタ・マリア教会

IMG_4318
教会の祭壇

IMG_4316
サンティアゴ・マタモロス

IMG_4335
ガリシアのモホン

IMG_4337
IMG_4342
休憩中のペレグリーニ

IMG_4343
IMG_4349
IMG_4351
ネコとペレグリーナ

IMG_4352
最後のモホン

休憩せずに歩き続けたせいでしょうか、平坦な道になったところで両方のヒザに痛みがきました。足が前に進みません。ルーゴまであと5〜6kmのところまで来て、イヴァンがもう歩くなと。今回、写真を横切った黒い虫や鳥はこの前兆だったのかなあ。そして巡礼路沿いの民家でタクシーを呼んでもらい、あっという間にルーゴ着。城壁の門をくぐり100mほど先を右に入るとすぐ公営アルベルゲがあります。歩いていないのにヒザは増々悪化。2階のベット・ルームへの階段の上り下りは巡礼路の山道よりキツいではありませんか。明日はルーゴで休みます。

IMG_4356
ルーゴの世界遺産の城壁

IMG_4359
城壁の門

IMG_4368
ルーゴのアルベルゲ

IMG_4365
タコタコタコ

22. 9. 2014   Lugo

ルーゴ2日目 昨日予約したペンションは、アルベルゲからⅠ00mほど。朝アルベルゲからはいつも最後に出るミハエルよりも後に出ます。ザックと昨日土曜日に買い込んだ食料を持っての徒歩移動に30分。つまり100m/0,5h、ネコトホの最遅記録を更新しました。ペンションに荷物を預かってもらい、朝霧の中、ルーゴ観光です。バルでゆっくり朝食をいただき、カテドラルへ、クレデンシャルにスタンプをもらいます。ペンションの部屋は3階、なんとエレベーターがあるではありませんか。感激です。そして部屋の窓は世界遺産の城壁に面してします。

IMG_4371
霧の街にひとり

IMG_4372
中世の街

IMG_4373
IMG_4380
サンティアゴ門

IMG_4381
門のサンティアゴ様

IMG_4382
カテドラルのファサード

IMG_4394
窓から見える城壁

IMG_4399
午後の空

ペンションで1日ゆっくり療養し、明日もルーゴにとどまることに決めました。明日の目標は城壁の上を1周トレッキングです。

22. 9.2014  Lugo

IMG_4414
城壁とペンションの窓

IMG_4413
城壁を1周

IMG_4429

IMG_4403
IMG_4405
ペレグリーノ博物館の巡礼者人形

IMG_4432
城壁と青空

城壁1周、無事踏破。でもヒザは回復に向かわないので、ルーゴで今回の巡礼の終了を決定、徒歩巡礼の終了です。そして明日からはバスで巡礼続けます。

23. 09. 2014 Lugo – Santiago de Compostela 100km

ルーゴからコンポステラまでは約100km、歩いて3〜4日間の行程ですが、バスの所要時間は2時間半。バスはルーゴからフランス人の道沿いの主な町に停車します。利用する巡礼者は思ったより多かったです。歩行困難な私と途中から乗車した腰を痛めた日本人女性以外は、少し乗ってまた歩くといったふうでした。

サンタ・イレーネの手前でイヴァンを発見、今日はアルスーアから40km歩き夕方にサンティアゴ到着予定です。ホセは適当にバスに乗っているのでたいてい先に着きます。サンティアゴのバス・ステーションからは土地勘もあり、予約しておいたアルベルゲ、セミナリオ・メノールまで歩きます。このアルベルゲからコンポステラの中心街まで歩いて10分ですが、ひとつ離れた丘の上にあり谷を渡らなければなりません。そしてアルベルゲの巨大な建物の3階の奥の奥がシングル・ルーム。セミナリオと言う名のごとく学校の寄宿舎と言うか、隔離病棟のよう。エレベーターなどありません。つらく長い階段には熊野古道の日本語のポスターが貼ってあり郷愁をそそります。一泊15ユーロという値段でシングルのあるアルベルゲはここだけです、我慢。

IMG_4438
巡礼者救済バス、ルーゴ発サンティアゴ行き フランス人の道沿いに走ります

IMG_4445
セミナリオへの道

IMG_4446
繋がれたネコ かわいそう

IMG_4450
セミナリオからサンティアゴ・ヴァリーの向こうの景色

IMG_4454
コンポステラ

2014年9月、クレデンシャルのスタンプはルーゴ止まり。来年2015年春に続きを歩きます。

ミサとボータフメイロ
IMG_4501
巡礼中、職業はトップ・シークレットだったリッカルドが祭壇に上がる。

IMG_4639
IMG_4640
IMG_4642
IMG_4614
IMG_4615
IMG_4618
IMG_4628
コンポステラの広場

IMG_4660
IMG_4460
IMG_4652
踏み台にされる現代アート、ピエロ・マンゾーニ 地球の支台

IMG_4653
IMG_4654
IMG_4499

カテドラルの後方屋根の上の見学は、カテドラル正面下のインフォメーションで予約します。ガイド付き英語かスペイン語,定員あり。

IMG_4493
IMG_4462

IMG_4649
IMG_4651

 

 

2015. 6. 13 Santiago – Lugo   リベンジ・プリミティーヴォ

上の写真から約8ヶ月。両膝の急性関節炎を医者にもかからず克服し、2015年4月28日から45日かけてプラタを歩き、コンポステラに6月12日に到着。そして翌日13日に巡礼者救済バスでルーゴに到着しました。明日から4日かけて昨年の続きをコンポステラまで歩きます。以下掲載写真、逆光修正、水平修正していません。

ルーゴの城壁

ルーゴの城壁

昨年と同じルーゴのアルベルゲ

昨年と同じアルベルゲ

再会

再会

IMG_7568

 

2015. 6. 14   Lugo – As Seixas  32,0km

城壁の門を出て坂道を下るとローマ橋を渡ります。そこを過ぎるとすぐに風景が変わります。昨日のアルベルゲには20人ほどの巡礼者が泊まっていましたが、道で会ったのはフランス人の1人だけ、朝霧の中をひとり歩きます。

ローマ橋

ローマ橋

IMG_7581

IMG_7588

建物のペレグリーノ

建物のペレグリーノ

IMG_7589

遠景

遠景

苔むした道

苔むした道

IMG_7603 IMG_7604 IMG_7605 IMG_7606

青空が見えました

青空が見えました

道で休憩

道で休憩

サン・ローマンSan Roman からポンテ・フェレイラPonte Ferreiraまでは2通りの道があります。オリジナルの巡礼路は11km、サン・ローマンの道は9km、標識も矢印もあります。ようやく開いていたポンテ・フェレイラのバル、ここまでは約27km。カフェ・コン・レチェをいただきました。この村にはアルベルゲ、ホスタルもあります。この先7kmのAs Seixas アス セイハスには新しい公営アルベルゲがあります。キッチンも完備、しかし村にはバル1軒と自動販売機のみ、自炊するなら食材はルーゴで調達かな。

ポンテ・フェレイラ

ポンテ・フェレイラ

2015. 6.15  As Seixas – Ribadiso   24,9km

アス セイハスで昨日夕方から降り始めた雨もあがりました。プリミティーヴォの道は今日通過するメリデで終わります。

IMG_7630 IMG_7619

虹色のモホン

虹色のモホン

軒先のバラ

軒先のバラ

メリダ

メリデ

プリミティーヴォの道の終わりです。大きな交差点の中にモホンがあります、写真の右の道を行くとフランス人の道へと続きます。 IMG_7650

Ribadiso da Baixo

Ribadiso da Baixo

IMG_7666

2915.  6. 16  Ribadiso – O Pedrouzo   22,2km

朝日のシルエット

2015.6.16 朝日のシルエット

IMG_7620

IMG_7688

 

2015. 6. 17   O Pedrouzo –  Santiago   21,0km

巡礼路のネコ

巡礼路のネコ

モンテ・ゴゾ

モンテ・ゴゾ

IMG_7709

サンティアゴに到着、今回は無事にプリミティーヴォの道の続きを歩きました。明日はバスでムシアに行きます。

Camino rimotivo モデル行程表

パオロが送ってくれたプリミティーヴォの道のモデル行程。小数点以下2桁の距離表 彼が実際に歩いた記録です。ポーラ経由です。

Camino Primitivo 2013

11-set-13 Oviedo
1 12-set-13 Grado-23,94km
2 13-set-13 Salas-21,88
3 14-set-13 Tineo – 19,65
4 15-set-13 Pola de Allande -26,70
5 16-set-13 Berducedo-16,31
6 17-set-13 Grandas de Salime-19,46
7 18-set-13 Fonsagrada -25,96
8 19-set-13 O Cadavo- 24,75
9 20-set-13 Lugo-30,18
10 21-set-13 Ferreira -29,12
11 22-set-13 Melide – 20,06
12 23-set-13 Pedrouzo – 33,50
13 23-set-13 Santiago -19,98
total km311,49 av. 23,96km

ネコトホが2014年と2015年にに実際に歩いた行程と距離。ホスピタレス経由

Camino Primitivo 2014/2015

12-set-14 Oviedo
1 13-set-14 Escamplero - 11,1km
2 14-set-14 cornellana - 23,5
3 15-set-14 Tineo  - 29,3
4 16-set-14Campiello  -  12,4
5 17-set-14 Berducedo  - 27,4 Hospitares
6 18-set-14 Grandas de Salime – 19,4
7 19-set-14Fonsagrada  - 25,9
8 20-set-14 O Cadavo – 24,7
9 21-set-14 Lugo – 30,2
10-14-jun-15 As Seixas – 32,0
11 15-jun-15 Ribadiso – 24,9
12 16-jun-15 O Pedrouzo – 22,2
13 17-jun-15 Santiago – 21,0
Total 304,0km av. 23,38km

参考にしたガイドにより距離kmが違いますが、どれが正確なのかわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中