ポルトガルの道4

Camino Portuguès 4

サンティアゴ巡礼路のひとつ、ポルトガルの道を歩きました。

トマールからコインブラへ

2017. 4. 17.    Etapa 23    Tomar – Alvaiazer   30,9km

サグレスをスタートしてすでに23日、サンティアゴへの道は続きます。ここから先ファティマへ向かう巡礼者とはすれ違いことになります。今年2017年5月13日はファティマの奇跡の100周年記念で、フランシスコ法王が来るので来月5月初めから中頃に巡礼者は5百万人の見込みとか?


Tomar

藤とジャスミンの芳香

村は霧の中

コルク樫


2017. 4. 18. Etapa 23 Alvaiazer – Alvorge  23,9km

同行の2人の歩くスピードは、はっきり言って速い。ついて行くのも大変です。30kmくらいでも無理なく歩けますが、長い巡礼を考えて1日の距離は無理なく少なく。

Alvorgeのアルベルゲはドナティーヴォ、寄付制です。村に入ってすぐのバルで鍵をもらい、アルベルゲは教会のさらに先、村はずれにあります。今年は壁も塗り替えられ、ベッドのマットレスも新しくなったと同行の2人は感動していました。

2017. 4. 19.  Etapa 25,   Alvorge – Cernache   26,2km

ポルトガルのタバスコのような辛いソース、小ビンに入って製法にヴァリエーションがありますが、ピリピリと呼びます。日本語の擬態語のようです。コーヒーはスペインより美味しい。スイーツもヴァリエーションが豊富。料理にコリアンダーが多く使われているのは新たな発見でした。大量に料理にのってくるオニオン・スライスと生のニンニク、大好きです。

朝日が昇る


オリーブの木が増えました

ヤギグループ


ヒツジグループ


2017. 4. 20.  Etapa 26,  Cernache – Coimbra    12,5km

今日は、コインブラに早く着いて観光しようと、今日は短距離。市街の手前の丘の上にはサンタ・クララ修道院があり見学できます。橋を渡るとすでにコインブラ中心街です。

ファティマは左、サンティアゴは右


水道橋を分断するハイウェイ

サンタ・クララ修道院

回廊

中庭

コインブラのモンテゴ川

橋を渡って市街


サンタ・クルス教会

ロマネスク様式のカテドラル

大学の中庭


コインブラ大学

夜のコインブラ、ファドが聞こえてきそう

ポルトガルの道5につづく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中