フランチジェナ巡礼路

La Via Francigena

フランチジェナ巡礼路はイギリスのカンタベリーからローマへと続く古い巡礼路です。

イタリア国内のフランチジェナ巡礼路は、スイス国境のグラン・サン・ベルナルド峠から始まります。国境の峠には6月でも雪が残ります。道はアオスタ渓谷を抜け、ロンバルディア平野を横切り、ポー川を渡りエミリア・ロマーニャ州へと続き、アペニン山脈のチーザ峠を越えトスカーナ州に入ります。そこからアルピ・アプアネ山塊を避け、一旦ティレニア海側に向かいますが、またトスカーナの内陸部に戻ります。巡礼路は美し丘陵地帯を通り、ラツィオ州をさらに南下して、永遠の都ローマに至ります。アオスタからローマまでの距離は約1100kmです。

mapfrancige

2018年6月の末から7月にかけ、地図の下の方、イタリアのルッカからローマまでの約400kmを歩きました。

Tappa 1,  2018. 6. 25  LUCCA  – CAPANNORI   7,0 Km

ピサで普通列車に乗り換え午前中にルッカには到着。駅からサン・ピエトロ門を通って街の中心に向かい歩いていきます。ルッカは城壁に囲まれた美しい町、建築、美術など豊富な歴史文化遺産があります。大きなリュックを背負った巡礼者には会いませんが、多くの団体観光客がいます。街の中心にあるサン・ミケーレ・イン・フォロ教会でクレデンシャルにスタンプをもらいました。この教会は華やかで立派なのでカテドラルかと思いがちですが、ルッカにはサン・マルティーノ大聖堂があります。フランチジェナのクレデンシャルはルッカのツーリスト・オフィスで買えます。一冊5ユーロです。これはキリスト教関連の団体が発行してないので高いですが、フランチジェナ巡礼路はどんなクレデンシャルでも有効です。

1

サン・ミケーレ・イン・フォロ教会

2

3

ルッカの城壁

4

草むらの道しるべ

観光はナシ、さっそく1日目の目的地、カパンノリに向かって歩き始めます。すでに11時を過ぎていましたが距離は7km、ゆっくり行っても2時間で着きます。途中、シエナまで行くという2人の巡礼者に会いました。今日はアルトパショまで18,5km歩くとのこと、次の町でストップの私。さっそく軟弱さを感じました。

郊外のサン・ミケーレ教会

30分ほどバス停で雨宿り

カパンノリのサン・クイリコ・エ・ジュリエッタ教会

すべてがスマホフォトなので逆光や日陰は最悪、重い一眼レフを持って歩くなんて勇気はないので、レベルの低い写真でお許しください。雨も小降りになり早足にバス停から1km先のホステルに向かいました。2018年6月にオープンしたばかりです。ホステルに小さなバル、レストランがありますが月曜は休み。近くのスーパーで食材を調達しました。ホステルは巡礼路からは少し離れていますが、明日は戻らなくても行ける近道を行きます。

人参とカップラーメンの夕食

Tappa 2,  2018. 6. 26  CAPANNORI – PONTE A CAPPIANO 26,0 km

巡礼2日目、昨日楽をしたので疲れもなく、気持ちよく早朝にスタートします。今日はポンテ・ア・カピアーノまで約26km、良いお天気です。

Hyjlrb4+QMmtXuBq0vs7Wg_thumb_529

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52a

ピンクのアジサイ

wgB+Js%aTZ2PGpKJr63Dwg_thumb_52c

丘の上のポルカリ教会

道は平坦でポルカリ、アルトパショの町を抜けていきます。田舎道、車が通る舗装道路脇の歩道、林の中の静かな道。ルッカからの行程をずらしているせいか他の巡礼者をまったく見かけません。イタリア内でのこの巡礼路のシーズンは春と秋。6月終わりは暑くなりかけ、バカンスにも早いので巡礼者が少ないのかな?

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52d

巡礼のウォール・ペイント

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_52f

右隅のVFとある石碑、道標です

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_533

野の花

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_535

上の赤白シールも道標です、ニャー

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_534

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_538

アルトパショの公園でひと休み

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_53c

この先は少しだけど、森の中

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_540

CAIの道標、目的地までの時間を示す。ここの標識には距離もある。巡礼路の目安のひとつ

CAIとはClub Alpino Italiano イタリア山岳協会のことです。フランチジェナ巡礼路の道標は写真にもあるように、石碑、赤と白のシール、VFと示された白い矢印、茶色いプレート、黄色い巡礼者のマークなどさまざまです。青と白のシールは自転車用。地図がなくても大丈夫ですが、心配な時のためにGPSがあると大変便利です。アプリなどもありますので追って紹介します。まあ、すべての道はローマに続くとあるし、なんとかなるかな。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_546

ラズベリーの花の道

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_53f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_543

雑木林の間を行く、ベンチなどは何処にもない

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_54c

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_54b

蒼いブドウ

ポンテ・ア・カピアーノは川沿いの小さな村、車が通る橋そのものの建物の中がホステルになっています。すでに中世からフランチジェナの巡礼者を迎えたという場所です。設備は少し古いですが、天井が高い大部屋、広い食堂など昔そのままの風情です。ホステルの開く時間は17時30分とありましたが、私は12時30分と早く着き過ぎてしまったので扉にある番号に電話してみたところ、鍵のある場所と部屋を教えてくれました。後はシャワーを浴びて洗濯して昼寝?といったペレグリーノ・ライフを過ごすのでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_54d

ホステル・ポンテ・ディ・メディチ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_54f

今日のごはん

Tappa 3,  2018. 6. 27  PONTE A CAPPIANO – SAN MINIATO    13,5 Km

昨日は午後5時頃になってから、ルッカから歩いて来た巡礼者が3人ほどホステルに着きました。今日は朝7時にスタート、ホステルを出る時に昨日ルッカから33kmを歩いて来たアレッサンドロに会いました。彼も今日の行程はサン・ミニアートまでの約13km。村からは川沿いの堤防、草むらの中を歩いていきます。距離も短いので急ぐことはありません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_553

朝のポンテ・ア・カピアーノ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_555

川沿いの風景

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_55b

堤防の上の青い花

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_55c

川沿いの田舎道

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_55d

途中、フェチュッキオの町を通る。塔に似したエレベーター

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_55e

フェチュッキオからの遠景、右からアペニン山脈、アルピ・アプアネ山塊、そして海

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_562

遠くの丘の上がサン・ミニアート

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_568

丘の上に塔が見える

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56a

サン・ミニアートが近づいてきた

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56c

サン・ミニアート・アルト

サンミニアート・アルトは丘の上の古い町です。市街や駅は丘の下のサン・ミニアート・バッソにあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_56e

大聖堂前、テラスがある広場

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_570

サン・ミニアート大聖堂

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_572

ロッフィア宮殿

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_575

下に見えるのは大聖堂の鐘楼

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_578

塔のシルエット

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_579

坂の下にあるL’hospedaleの目印

近年、巡礼路沿いの主な町には、ペレグリーノのための宿泊施設が増えています。市や町、団体が経営するホステル。カトリックの修道院、教会や協会の宿泊施設などがありますが、ここサン・ミニアートの丘の下あるL’hospedale del pellegrinoは、サンティアゴ巡礼を体験した人が個人の別荘を巡礼者に提供し、ボランティアが取り仕切り、寄付金制で夕食朝食もいただけるありがたい施設なのでした。イタリア語でL’hospedaleとは病院という意味なのですが、どう訳していいのか、巡礼者救済宿かな?急に巡礼者も増え今日は12名。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_57a

入り口と庭

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_57b

L’hospedaleの子ネコ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_57e

みんなで夕食

Tappa 4,  2018. 6. 28   SAN MINIATO – GAMBASSI TERME    24,0 Km

泊まった救済宿はサンミニアートの丘の向こう側の下にあるので、上に戻らず巡礼路に続く近道を行きます。ナビ頼りだったので結局は少し遠回りをしたようですが、美しい朝の風景に出会うことができました。早朝の空気は涼しく爽やかです、そしてもう9時頃から暑くなります。歩いていると汗ダクです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_582

霧の朝

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_583

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58d

朝の光

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58b

サン・ミニアートは霧の上

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_589

近道は上り坂

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58f

ようやく美しきトスカーナ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_590

霧の上の青空

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_595

アレッサンドロが行く

VKg1uErxTGKajKBXQr++6g_thumb_598

カシの木の木陰の書込みノート

彼女はフランスのナントから歩いてきました。今日の写真にいるふたりはフランスのヴァズレーからアッシジまでのサン・フランチェスコ巡礼路の道標を道に付けながら歩いていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_599

教会の裏のペレグリーノの顔ハメ、イタリアでは稀少

kSKkOxwBRMqolcSlOzITXw_thumb_59d

フランチジェナは右へ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a0

牧草地には日陰などない

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_597

でも美しい道

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a4

ガンバッシへ続く舗装道路、右へ上り坂を行く

サン・ミニアートからガンバッシ・テルメへは、バールはなし、途中からは日陰もなし。未舗装の道が終わるこの曲がり角に小さな聖堂があり、ようやく見つけたその日陰でみんなひと休みです。そしてみんなが泊まるホステル・シジリコはここから約1km、ガンバッシの町からは2kmほど手前のサンタ・マリア・ア・キアンニ教会の中庭にあります。朝夕食付きで25ユーロでした。夕食後、教会の中もガイド付きで見学できます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a5

ホステルの庭、オープンは14時

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a7

サンタ・マリア・ア・キアンニ教会

hHQMypijRZullk12PhbowA_thumb_5aa

ホステルの庭からの夕焼け

Tappa 5,  2018. 6. 29   GAMBASSI TERME – SAN GIMIGNANO (Santa Lucia)    15,5 Km

朝、ホステルからガンバッシ・テルメへと坂を上って行きます。そこからサン・ジミニャーノまでの距離は13kmほど、午前中には着ける行程です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ad

ガンバッシ・テルメへの坂

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b0

朝の日差しがまぶしい道

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b2

トスカーナの白い道

PcjVsi%fQpqe1XDCH7A_thumb_5b4

教会の下が巡礼路、右にテラスと洞窟

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b7

マリア様が洞窟への道をしめす

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5bb

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5be

はるかな丘の上にはサン・ジミニャーノ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5c0

ボーゼ修道院

1kjBjJh6TD+yKgzR652zrQ_thumb_5c2

ボーゼ修道院はひっそりとした静かなたたずまいでした。ゆっくり休憩をしてサン・ジミニャーノへと丘を下り、そしてまた丘を上ると町に到着です。ドゥーモ(イタリア語で大聖堂)でクレデンシャルにスタンプをもらい、見学は有料だったので中には入らず、広場で他の巡礼者達と過しました。そして城壁の外のスーパーで買い物をして、2km先のサンタ・ルチアにあるキャンピング、ペレグリーノ村へ。ここはフランチジェナ巡礼路整備のための補助金を受けてプレハブのバンガローが作られたので、巡礼者は特別待遇。部屋はシャワー、トイレ、クーラー、冷蔵庫付き。村の中にはレストランもありペレグリーノメニューがありました。もちろんサン・ジミニャーノの町の中にも修道院や他の巡礼者の受け入れ施設があります。

Sn2T8OyZSZWyLFTWBmo%8w_thumb_5c7

サン・ジミニャーノ、サン・マテオ門

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5c9

大聖堂

0MP9LYHjRUygtQ2E00LUqQ_thumb_5cc

美しい塔の町として有名

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5cb

優雅ではないが塔は塔

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5cd

丘の向こう側からのサン・ジミニャーノ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d2

キャンピングのレストランから夕暮れのサン・ジミニャーノ

Tappa 6,  2018. 6. 30   SAN GIMIGNANO  – ABBADIA A ISOLA  25,5 Km

朝の空気は気持ちがいいです。今日も早朝にスタートします。昨日、リュックに入っていた3日前のハムを食べてお腹をこわしたアレッサンドロは隣の部屋でまだ寝てました。キャンピングから1kmほどで道は舗装道路から丘陵地の道に折れます。今日の行程は途中でフランチジェナのオフィシャル巡礼路か、コッレ・ヴァル・ディ・エルサの町を抜ける近道かを選択できます。私は3km長いオフィシャルの方に進みました。険しい道を想像していましたが、道は比較的平坦でバールのある村もふたつほどありました。

gL+y2j%eRFe4l4GkO+tSZA_thumb_5d9

朝、まだ月が見える

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d8

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5de

巡礼路の標識

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5e0

左はコッレ・ヴァル・ディ・エルサへ、右はオフィシャル巡礼路

DRRCKGjtQq+SU6n5o6f46Q_thumb_5e4

野ウサギが2匹います

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5e3

巡礼路の花

fs8cK51rR9+NwhmTRfq%qA_thumb_5e7

コネオのサンタ・マリア・アスンタ教会

この時期にフランチッジェナ巡礼路を歩いたのは、4月の末まで四国お遍路に行っていたのと、トスカーナの丘陵地に一面に咲くひまわり畑を見たかったから。でもひまわりは、みんなまだ蕾ではありませんか、今年の春はイタリアは悪天候で寒かったので種蒔きが遅れたな?、シエナ以南なら咲いている可能性はあると希望をつなげます。クアルタイアの村のバールでカプチーノを飲んでいたら、4人のイタリア人巡礼者がやって来ました。マウリツィオと同名の二人組とマウロさんと奥さんです、4人ともヴェネト州出身。途中から一緒に歩きましたが4人で弾丸のように恐るべき早さで歩く。趣味はドロミテの山歩きということで、さすが鍛えている人は違うと実感。年齢は関係ありません。その後、キャンピングに残して来たアレッサンドロも追いつきました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5f3

ひまわり畑、大きなつぼみは皆太陽を向いている

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ed

道ばたの石碑

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ea

村の小さな教会

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5eb

村はずれの美しい小さな聖堂

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ec

中は泉かな?

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5f1

緑の中のテルメ、透明な水で泳げます

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5f5

オリーブの木の下の道標

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5f7

石壁とオリーブの白い道

この行程は、多くの人がモンテリジョーニまで行きますが、私は4kmほど手前のアバディア・ア・イゾラでストップ。ここは島のように教会とホステルと数件の家、道路沿いにバールとレストランがあるだけの場所です。イゾラの意味はイタリア語で島、約1000年前カンタベリー大司教のシジェリコが通った時、ここはまだ湖でした、その水が干上がり後に建物ができました。私が泊まったのはホステルではなく教会の巡礼者のための宿。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5fb

アバディア・ア・イゾラの中

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5fc

サンティ・サルバトーレ・エ・チリーノ教会、右の建物が巡礼宿、教会の中庭がホステル

午後教会では結婚式がありました。宿泊施設には中国人の女性2人とオランダ人の女性も到着し、私達巡礼者のためにイタリア人のおばさんが夕食を作りに来てくれました。

巡礼の旅は、フランチジェナ巡礼路2に続きます。

Logotipo_Via_Francigena_sf.svg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中